良い道を探しに行くサイクリング

良い道を探しに行くサイクリング

本当を野鳥を求めてだったんですが、それはそれでどっちもこなせればOKです。
いろいろあってまたもや増量中な身体を絞るべく、負荷をあまりかけずに時間かけて運動する必要もあります。そのへんについてはまた別記事でも書きましょうか。

ガイド業というものは、その土地の道と文化を知ることから始まります。
アクティビティがメインではあり、そこができるのは当たり前なんでそれについては特になし。

まぁ結局は自分の趣味ともいえますが笑

ここはそれなりの頻度で通過する切り通し。いつもいい雰囲気です、素晴らしい。
初めて通過する道。良い雰囲気、クネクネ。
写真じゃ分かりづらいけど、きっちり登って終わる切り通し。良い。現場に行かないと分からないが。
地図上は道があったのだが、これは通れない(誰かがこっちだけ草刈りしてるっぽいけど)。出口側も確認したが、整備しないと無理な道でした。
カーブ切り通し。コンクリ舗装とアスファルト舗装の境目がいい感じ。
クネクネ曲がった先が明るい、というだけでいい雰囲気。
小さな橋+温泉スタンド。いつか買いに来たいところ。
けっこう安いと思うが、どうか。
これまたいい雰囲気のダート。踏み固められていて走りやすい。
ピークあたりで舗装路に(ただしご覧の状況)。空が開けて気持ちいい。
激坂登ってビュースポットへ(eBIKEでもそれなりに疲れるくらいの激坂です)。冬の澄んだ空と太平洋の青がいい感じ。夏より色が近いような、気のせいか。
こんな坂を登ります。写真じゃ伝わらないシリーズですね。

というわけで、午後から夕方までいい感じに走ってカロリー消費しておきました。
ゼェハァとトレーニングしたいならともかく、ダイエットとか観光とかなら断然eBIKEですね。
別にいつも激しく100km走ったりする必要もないですし。

冬でも汗だくになると汗冷えするので、「そこそこの負荷で嫌にならない」というのが最大のメリットです。
脚を負傷している今の身体ならなおさらですね。

近場でもこんな感じに「山・川・海」を巡るツアーは可能です。
川に浮かぶの怖い人だったり、ランチに立ち寄る店を重視したい人だったり(今回は道中なにも食べてませんが笑)、いろんな人にオススメです。

こんなツアーでどんな話をするかというと、、、
・地形と川と道のお話
・道の成長?の話
・街道とそうでない道の違い
・ここ100年で人の移動がどう変わったか
など、小ネタは満載です。
このへんの話をすると、「ブラタモリみたいで楽しい」という感想を頂きます。ありがたいことです。

春に向けて体力を戻しておかねば。