背の高い笹は、伸びていくとトンネルになる。
先日紹介した、地元のとあるトレイルというか山道。

本日、第一段階?の仕上げを完了させました。人間やればできるもんです、人生は「やるかやらないか」の二択ってことです。

走れる場所を増やしていく

以前投稿した写真も紹介しつつ、流れを追って。

作業前はこちら

とはいえ、これは少々切り開いたあとなんです。本当の作業前はまさに「笹の壁」でした笑

そしてさらに切り開いたらこんな感じに、、

だいぶ道らしくなりました。しかし、笹を刈っただけで根本が残っているので根っこから掘り起こします。すると、こんな感じに、、、

自転車で走っても大丈夫そうな路面になりましたね~、素晴らしい。ここまでがけっこうしんどいんですよ、完全に「開墾作業」ですからね。

そして、本日その先の「とりあえず歩けるようにはしといた」箇所も完全に通しました。

はい、完全に笹のトンネルとなりました。これはMTBで下るとジェットコースター的な感覚を味わえるでしょう、なにせ自分の近くを通り過ぎる対象物が近いので、スピード感が増すわけです。笹のトンネルを維持すべく、そのへんにあった倒木を両サイドに置いてガードとしています。

では、ここまではここ一ヶ月の作業でしたが、ここからは本日の振り返り。
ここまでの写真からみて奥からの写真です、とりあえず笹を借って除去しただけの作業前。

地面から硬い笹がピンピン生えている状況です。

では、地面を掘り起こしますか。その結果はこちら、

分かりづらいけど、だいぶ様子が変わったように見えます。実物は格段に違いますが、写真だと伝わらんものです、、。

最初の方の写真を撮影した奥からの写真。

いい感じに笹のトンネルになってます。

今後、春夏と季節を経て、どんな感じに笹が伸びてくるのか。そのへんを観察しつつ維持していく流れになります。
地元の人もそれなりに懐かしんで山に入ってくれているようで、今後が楽しみな場所ですね。

普通に走るだけでいい追い込みトレーニングになるので、私もちょくちょく走るとします。